スーパーラグビー第15節、サンウルブズvsワラタス戦の写真集

ナイヤラボロ

サンウルブズvsワラタス戦の写真集@秩父宮ラグビー場

7月2日(土)に秩父宮で行われたワラタス戦でサンウルブズは12-57で敗戦、残念ながらホーム最終戦はノートライで大敗に終わった。

サンウルブズvsワラタス戦の詳細は観戦記選手評価にて記しているが、ここでは当日秩父宮で撮った写真をご紹介したい。

大野均と宇佐美和彦のLOコンビ

大野均

この日は登録外となった大野と宇佐美。宇佐美はライバル?小瀧の先発をどう思っているのだろう?

エディーからも評価された金正奎

金正奎

スコットランド戦の活躍が認められてサンウルブズに召集され、この日は途中から出場。エディーからも体を大きくする必要があるが現時点では申し分ないと評価された。

代表とサンウルブズでレギュラーなるか?小瀧尚弘

小瀧

身長194cm、体重110kgの24歳で昨年はトップリーグの新人王を獲得、最も期待されている若手の選手。ようやく代表に続きサンウルブズでも先発を果たした。

スクラムを支えるPR陣

第一列

一方的に押されることは少なくなり、シーズン中盤くらいからスクラムは大きく改善された。

満身創痍の立川理道

立川

サンウルブズと日本代表の試合に出場し続け、満身創痍の立川理道。堀江不在時はキャプテンを務める。

試合前恒例のセレモニー

試合前

サンウルブズの試合前は太鼓や笛や阿波おどりなど、日本の古くからの文化を感じられる演出が定番に。

ウィル・スケルトン(William Skelton)

スケルトン

身長203cm、体重140kg、足のサイズは35cmと規格外の大さを誇るLOスケルトン。一人だけ飛び抜けて大きい。相撲部屋に入門していたら今頃は横綱かも。

イズラエル・フォラウ(Israel Folau)

フォラウ

背中で語るフォラウ。貫禄十分。

スクラムは押されながらもキープした

スクラム

スクラムはこの日も安定。ボールをしっかり確保できた。

マイケル・フーパー(Michael Hooper)

フーパー

こちらも世界的なスーパースターのマイケル・フーパー。登録の身長は182cmだが実際に見ると小さく(周りがデカすぎ?)、180cmないのではないか。

村田毅と井上大介

ハーフタイム

ハーフタイムにバズーカーを持って登場した村田毅と井上大介。

スケルトンは3人掛かりで止める

スケルトン

一人目が膝下に入って、二人で抱えてやっと止めることができた。

スクラムを見守る観客

スクラム

スクラム時は観客が狼の鳴き声の声援でサンウルブズを後押し。

マシュー・キャラロ

トライ前

いただきます!と言わんばかりに舌をなめてトライするマシュー・キャラロ。

ナイヤラボロが手を伸ばしてトライ

ナイヤラボロ

トライ前の決定的瞬間!

ラグビー恒例の小競り合いも

ファイト

スーパーラグビーの試合では必ず1回は起こる小競り合い。

【観戦記】スーパーラグビー2016第15節サンウルブズ対ワラタス

2016.07.02