山田章仁、負傷で7人制代表合宿を離脱、リオ五輪出場は難しい状況に

山田章仁

山田章仁、負傷で7人制代表合宿を離脱、リオ五輪は難しいか

山田章仁はサンウルブズを離脱し、6月の15人制日本代表のカナダ戦、スコットランド戦も辞退、リオ五輪の7人制代表のメンバー入りを目指して北海道で合宿を行っていたものの、ふくらはぎを痛めたとみられ負傷離脱となった。

日本ラグビー協会の発表によると「離脱後もリオデジャネイロオリンピック日本代表候補」になるとのことだが、サンウルブズに参加し7人制代表へは途中参加というハンデもあり、さらに大会前の大事な時期に負傷離脱ということで、最終メンバー入りは非常に難しい状況に。

山田と同じ2015年W杯組では福岡堅樹が21日のNZのオークランド代表との練習試合でチーム最多の3トライをあげるなどメンバー入りを猛アピール、藤田慶和も好調をキープし仕上がりも順調のようだ。

7人制ラグビーの男子日本代表メンバーは6月29日に最終メンバーが発表される予定。五輪では初開催となる歴史的な7人制ラグビーんメンバーに誰が入るか注目だ。