パナソニック、195cm、125kgの超大型WTBタンゲレ・ナイヤラボロを獲得

タンゲレ ナイヤラボロ

パナソニック、オーストラリア代表WTBタンゲレ・ナイヤラボロを獲得

パナソニックはオーストラリア代表キャップを持つ身長195cm、体重125kgで24歳の超大型WTBタンゲレ・ナイヤラボロ(Taqele Naiyaravoro)の獲得を発表した。

タンゲレ・ナイヤラボロはフィジー出身で2014-2015はワラタス、2015-2016はスコットランドのグラスゴー・ウォーリアーズでプレーしていた。体格と風貌はNZオールブラックスの伝説的なWTBジョナ・ロムーを思わせる迫力でトイメンの選手はナイヤラボロを止めるのに相当苦労しそうだ。

パナソニックは今季デービッド・ポーコック(ブランビーズ)、リチャード・バックマン(ハイランダーズ)に次いでナイヤラボロを獲得、4連覇へ向け補強では圧勝している。

さらにWTBのポジション争いでは山田章仁、北川智規、児玉健太郎ら日本代表キャップを保有する選手の他、藤田慶和と福岡堅樹も4月から新たにパナソニック入りしており、バックマンとナイヤラボロの加入により、2つのレギュラーポジション争いがさらに熾烈となる。

ここまでの大型の選手補強は交流戦でも圧勝したソフトバンクを思わせるほど。巨大戦力を有するパナソニックに対抗するチームが表れるか注目だ。

タンゲレ・ナイヤラボロコメント

今回、パナソニック ワイルドナイツという3年連続トップリーグを制した日本のトップチームでプレーできる機会を得たことを大変嬉しく思っています。私の強みを活かしたプレーで、パナソニックの4連覇に貢献できるようベストを尽くします。そして、日本でプレーすることで、自分自身のラグビーを磨き、より良いラグビー選手として成長していきたいと思います。

タンゲレ・ナイヤラボロ(Taqele Naiyaravoro)動画