細田佳也、カナダ戦の危険なプレーで出場停止2週間、スコットランド戦欠場へ

細田佳也

細田佳也、カナダ戦の危険なプレーで出場停止2週間、スコットランド戦欠場へ

日本ラグビー協会はカナダ戦で危険なプレーによりレッドカードで一発退場となったFL細田佳也がワールドラグビーから 2週間の試合出場停止処分を受け、日本代表を離脱したことを発表した。これにより細田は18日、25日のスコットランド戦には出場できなくなった。

細田はカナダ戦後半13分、日本が攻撃している時にラックで相手選手を剥がすために肩から相手に飛び込み、これが危険なプレーとみなされ、TMOの結果、レッドカードが提示され一発退場となった。

このプレーを見返すと、カナダの選手は日本がラックからボールを出す際に上から覆いかぶさり邪魔になっていたが、ラックが崩れていたことから、本人は手を挙げて動けないというような意思表示をしており、そこに細田は不意に、肩から激しく突っ込んでいる。

ここのところ危険なプレーに対しては厳しいレフリングとなる傾向があることからも、このプレーに対してカードが提示されたのは当然かもしれない。これにて日本は残り30分近くを14人で戦うことになった。

細田は身長192cm、体重103kgの28歳、今シーズンはサンウルブズでもFLとして活躍、日本人選手の層が薄いとされてきたポジションで、豊富な運動量と低いタックルを連発して存在感を示し、その活躍が認められて晴れて日本代表デビュー、本人は相手を傷つける意図はなかったとはいえ、ほろ苦い代表デビュー戦となってしまった。

スコットランド戦には出場できないが、サンウブルズの7月2日ホーム秩父宮でのワラタス戦からは出場可能で、この悔しさをサンウルブズで晴らしてほしい。

細田が退場となったプレー

田中史朗、脱臼により日本代表を離脱、スコットランド戦欠場へ

2016.06.13