男子セブンズ第9戦パリ大会はサモアが優勝!オリンピックのメダル候補に

サモア

男子セブンズ第9戦パリ大会はサモアが優勝!

HSBCワールドラグビーセブンズシリーズの9戦目がパリで開催され、サモアが4年ぶりに優勝を勝ち取った。今年6月に行われるオリンピック世界最終予選へ向けて弾みをつけるだけでなく、リオ五輪でもNZ、オーストラリア、南アフリカ、フィジー、ケニヤらとともにメダル候補へと名乗り出た。

セブンズの世界ランキング8位のサモアは準々決勝で南アに21-10、準決勝でアルゼンチン14-12、決勝のフィジー戦は29-26と上位陣を次々に撃破、強さを世界に証明した。

日本代表のセブンズのメンバーはコアグループではないため、この大会には不参加で国内で合宿中。サモアの活躍に大いに勇気付けられたはずだ。

セブンズパリ大会はサモアが優勝!