スーパーラグビー第11節、サンウルブズvsフォース戦の写真集

サンウルブズ

サンウルブズvsフォース戦の写真集@秩父宮ラグビー場

5月7日(土)に秩父宮で行われたフォース戦でサンウルブズは22-40で敗戦、残念ながらシーズン2勝目はならずスーパーラグビーで戦うことの難しさを改めて実感することとなった。

マーク・ハメットHCもミスが続いた不甲斐ない前半の試合内容に「エネルギーがない」と厳しいコメント。これまで負けが続いても、常に前向きでチームを鼓舞する発言を続けてきたHCもさすがにがっくりときたようだ。

サンウルブズvsフォース戦の詳細はこちらの観戦記選手評価にて記しているが、ここでは当日秩父宮で撮った写真をご紹介したい。

ジョン・スチュワート(John STEWART)

ジョン・スチュワート

この試合がデビューとなったWTBジョン・スチュワート。サンウルブズのHPを見ると、身長170cm、体重80kgとなっておりずいぶん小さい選手だと思っていたものの、実際に見てみると身長182cmの山田や183cmのカーペンターよりも大きく、185cmはある印象。

大野均

大野均

5月6日に38歳の誕生日を迎えた大野選手。この日も年齢を感じさせることなく先発でプレー。2019年W杯の時は41歳、果たしてグランドに立つのか?

水分補給も重要

試合前

この日の秩父宮の気温は25℃。練習中からこまめに水分補給をしている光景が見られた。

試合前の演出

太鼓

毎回恒例となりつつある、秩父宮での試合前の和太鼓の演舞。後ろは練習を引き上げるフォースの選手たち。

秩父宮はフィールドまでの距離が近いのが素晴らしい

ラインアウト

特にバックスタンドでは選手のプレーを目の前で見ることができる。ラインアウトでは選手を見上げることも。ラグビー専用の競技場ならでは。

低いスクラム

スクラム

テレビで観るのとは違って、実際にスクラムを観るとその低さにびっくり。8人の力を凝縮し重さが相手に最大限に伝わる姿勢でスクラムを組む。

山田章仁のトライ!

山田のトライ

山田のトライで先制!スタートは最高だった。

山田章仁 ラグビー

そしてこのガッツポーズ。

リプレイシーンを確認する選手

TMO

TMO判定となり、選手も秩父宮のスクリーンに流れるプレーをチェック。

攻めるジョン・スチュワート

ジョン・スチュワート

デビュー戦となったものの、ボールを持ってよく走った。トライを見られる日も近いはず。

デイン・ハイレットペティ(Heylett-Petty Dane)

デイン・ハイレットペティ

身長190cm、体重100kgの大型FBのデイン・ハイレットペティ。今シーズンはボールキャリー2位、ディフェンスブレイク6位、メーターで2位の活躍ぶり。この日も大きくゲイン、空中戦でボールを獲得するなど活躍した。

ハーフタイムで

サンウルブズ

平野、北川のPRコンビ。なぜかよく似合っていた。

秩父宮ラグビー場には16,885人が駆けつけた

秩父宮ラグビー場

バックスタンドは8割ほどが埋まった。

メインスタンド

メインスタンドはこんな感じ。

インターセプトからのトライ

フォースのトライ

相手陣内で攻めている時にインターセプトでトライを奪われるのが一番痛い。。

アンドリュー・デュルタロ(Andrew DURUTALO)

デュルタロ

この日もボールも持って積極的に攻めたデュルタロ。サポートが遅くトライには結びつかなかった。

ノーサイド

ノーサイド

残念ながら2勝目はならず。前半から後半のような戦いができていたら。。

【観戦記】スーパーラグビー2016第11節サンウルブズ対フォース

2016.05.07

スーパーラグビー第11節対フォース戦のサンウルブズ選手採点と評価

2016.05.07