Planet Rugbyが選ぶSR第9節のベストフィフィーンに立川とトゥシ・ピシが選出!

立川理道

Planet Rugbyが選ぶスーパーラグビー第9節のベストフィフィーン

イギリスと南アフリカの大手ラグビーメディア「Planet Rugby」がスーパーラグビー第9節のTeam of the Week(ベストフィフィーン)を発表し、今季初勝利を挙げたサンウルブズからはCTB12立川理道とSOトゥシ・ピシが選出された。

立川の受賞理由として、10回ボールをキャリーし、39mゲイン、ディフェンスを打ち破ったのは4回、クリーンブレイク2回の他、ディフェンスでも10タックルと奮闘、攻撃時はCTB13のカーペンターと相性がよくお互いを助けたと評価。

ピシは司令塔として味方センター陣にスペースを与え、彼らがジャガーズのディフェンスを破るのを楽にし、3つのコンバージョンと、4つのPGを決め18点を獲得したと評価した。

立川は日本代表の選手の中でW杯前から最も成長した選手ではないだろうか。以前から日本人としては大柄のCTBで体の強さには定評があったが、ディフェンスでの確実性が増し、攻撃でもボールを持てばゲインし、大きなチャンスを作ることも多くなった。

サンウルブズの円陣などを注目して見てみると、円の中心で発言するなどBKのリーダーとしても存在感を示し、ピシが来季はイングランドに移籍することもあって、今後もチームの中心選手としてプレーで引っ張ってほしい。まだ26歳、これからのさらなる活躍が楽しみだ。

他の選手はブランビーズ(豪)に完勝したクルセイダーズ(NZ)からオールブラックスでお馴染みのイズラエル・ダグ ら4人、キングズ(南ア)に勝って好調をキープしているライオンズ(南ア)からホワイトリー主将ら4人が選ばれた。

スーパーラグビー第9節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ジョー・ムーディー クルセイダーズ
HO  コーディー・テイラー クルセイダーズ
PR3  ヴィンセント・コッホ ストーマーズ
LO4  フランコ・モスタート ライオンズ
LO5  ロペティ・ティマニ レベルズ
FL6 ジャン=ルック・デュプレア シャークス
FL7  マット・トッド クルセイダーズ
No.8  ワーレン・ホワイトリー ライオンズ
SH  ファフ・デクラーク ライオンズ
SO トゥシ・ピシ サンウルブズ
WTB11  ネマニ・ナドロ クルセイダーズ 
CTB12 立川理道 サンウルブズ
CTB13  リース・ホッジ レベルズ 
WTB14  ルアン・コンブリンク  ライオンズ 
FB  イズラエル・ダグ  クルセイダーズ 

【観戦記】スーパーラグビー2016第9節サンウルブズ対ジャガーズ、ついに初勝利!

2016.04.23