川崎桜子レフリー、大槻卓レフリーがリオ五輪7人制ラグビー審判に選出

川崎桜子

川崎桜子レフリー、大槻卓レフリーがリオ五輪へ

今年の8月5日から開催されるリオ五輪の7人制ラグビー審判団に川崎桜子レフリーと大槻卓レフリーが選出された。

川崎桜子レフリーは帝京大学で選手としてラグビー部に入門、しかし脱臼したことにより2年生の時にレフリーに転向、以来男性レフリーに混ざりながら体力と技能を磨いてきた。日本ラグビー協会女子レフリーアカデミー第2期生で現在は小電機製作所に所属している。

大槻卓レフリーは日本協会公認のA級レフェリーで豊田自動織機に所属、国際大会やトップリーグで多くの笛を吹いてきたベテランレフリーだ。

4月9日のスーパーラグビーキングズ対ブルズ戦ではA級レフェリーの久保修平レフリーが日本人としては初めて審判としてデビューしたばかり。日本人審判も国際舞台で活躍できる機会が増えてきた。

久保修平レフリーがスーパーラグビーの主審でデビュー決定

2016.04.07