エディー絶賛の山沢拓也(筑波4年)がパナソニックへ練習拠点を移す

デイリーニュース

エディー絶賛の山沢拓也がパナソニックへ

ラグビー界のホープ、筑波大SO山沢拓也(21)=4年=が、パナソニック(群馬・太田市)に練習拠点を移したことが5日、分かった。(詳細はサンスポにて)

エディー前日本代表HCが2019年W杯のキープレーヤーとして名前を挙げ、「キャッチ、パス、ラン、スペースを見つける感覚に秀でている。怪我が多いが、体調を管理できれば活躍できる。」と絶賛された筑波大4年山沢拓也が練習拠点をパナソニックに移した。

卒業に必要な単位は既に取得済で、筑波に在籍しながらパナソニックで練習を行い高みを目指す。自分のスキルとフイットネスをより高めるために、筑波よりも設備が整い、専門のトレーナーがいるパナソニックの方が適していると判断したのだろう。地元の熊谷に近い事も決め手になったようだ。

高校の時からスピードがあるだけでなく、パスやキックなどのラグビーセンスに優れ、将来が期待された山沢だが大学に入ると度重なる怪我に見舞われ、なかなかその能力を発揮できていない状況が続いている。

SOはチームの司令塔としてキーになるポジションだが、日本人プレーヤーの層が薄く、サンウルブズでもサモア代表のトゥシ・ピシがレギュラーで試合に出続けている。2019年W杯でベスト8を目指す日本にとっては、最も強化が必要なポジションであり、才能豊かな山沢に期待する声は大きい。

パナソニックといえば、オーストラリア代表51キャップを持つベリック・バーンズがいて、彼から学ぶ事も多いはずだ。パナソニックでしっかり怪我を治し、近い将来のサンウルブズ、日本代表入りを期待したい。