Planet Rugbyが選ぶSR第6節のベストフィフィーン〜NZ勢が席巻〜

planetrugby

Planet Rugbyが選ぶスーパーラグビー第6節のベストフィフィーン

イギリスのラグビーメディア、Planet Rugbyがスーパーラグビー第6節のベストフィフティーンを発表した。ここのところ負けなしのNZのチームから8人選出され、バックスは全員がNZの選手となった。

サンウルブズが対戦したキングズ(南ア)からはキャプテンのLOスティーヴン・サイクスが選ばれた。サイクスはキャプテンとしてのリーダーシップとプレーではタックル9つ、ラインアウトで5つマイボールを確保、さらにトライを演出したことが評価された。

ここまで4勝2敗と好調で強豪ワラタスを破ったレベルズ(豪)からはFLのショーン・マクマーンが選出された。秩父宮で行われたサンウルブズ戦での活躍が記憶に新しいが、ワラタス戦でもボールキャリー9回、13回のタックル、ラインアウトキャッチ3回を記録、まだ21歳ながらチームのキャプテンとして素晴らしいリーダーだと絶賛されている。

FBではお馴染みのデミアン・マッケンジー(チーフス)が選手された。Planet Rugbyでもマッケンジーの選出はもはや当然のこと(自動的)とコメントされ、トライとアシストを演出、常に相手に脅威を与え、素晴らしい才能だと評価された。

スーパーラグビー第6節Planet Rugbyベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  トビー・スミス レベルズ 
HO  アルマンド・ファンデルメルヴァ ライオンズ
PR3  チャーリー・ファウムイナ ブルーズ
LO4  スティーヴン・サイクス キングズ 
LO5  トマス・ラヴァニニ ジャガーズ 
FL6  パブロ・マテーラ ジャガーズ 
FL7  ショーン・マクマーン レベルズ
No.8  ベン・マッカルマン フォース
SH  アーロン・スミス ハイランダーズ
SO アーロン・クルーデン チーフス
WTB11  ジェームズ・ロウ チーフス
CTB12 ライアン・クロッティ クルセイダーズ
CTB13  マラカイ・フェキトア ハイランダーズ
WTB14  ジョニー・マクニコル クルセイダーズ
FB  デミアン・マッケンジー チーフス

スーパーラグビー2016全日程&結果速報

2016.03.06

スーパーラグビー2016最新順位表と選手ランキング

2016.03.15