リーチ・マイケルがアシックスとアドバイザリー契約を締結

リーチマイケル

リーチ・マイケルがアシックスとアドバイザリー契約を締結

アシックスは、このたび、ラグビーのリーチ マイケル選手(東芝ブレイブルーパス所属)と、アドバイザリースタッフ契約を締結しました。(詳細はアシックスHPにて)

リーチ・マイケルがアシックスとアドバイザリー契約を締結、今後はアシックス商品の使用、商品開発アドバイス、販売促進活動への協力を行うという。

アシックスのHPを見ると、ラグビー選手では豊田織機の長江有祐、パナソニックの堀江翔太、海外勢ではオーストラリア代表のイズラエル・フォラウ、南アフリカ代表テンダイ・ムタワリラ、フランス・マラーべ、エベン・エツベス、レフリーの平林泰三氏との契約を結んでいる。

選手としてはスポーツメーカーとの契約は用具など支援をしてもらえるだけでなく、ステータスにもなるので最も欲しい仕事の一つ。日本を代表するスポーツ用品メーカーからの支援を受け、リーチはさらにラグビー選手として飛躍できるはずだ。

リーチのコメント

身につけるものに関しては、見た目ではなく、商品の良さを重視しています。アシックスのスパイクは、フィット感がよく、安定性があり、クッショニングに優れているので、非常に信頼しています。また、ヒールアップになっているので、実際にスネの疲れや負担がかなり軽減し、選手間でも評判が高いです。

これからはアシックスのスパイクとともに、世界で戦っていきます。2年目となるスーパーラグビーでは、スタメンの獲得を楽しみに、チームの優勝に貢献していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします。