東芝の徳永祥尭がセブンズ合宿に初招集、リオを目指す

デイリーニュース

かみつき行為ファイター徳永祥尭がセブンズへ参加

ラグビー・7人制男子日本代表候補合宿リオデジャネイロ五輪の前哨戦ともいえるワールドシリーズのラスベガスセブンズ(3月4-6日、米国・ラスベガス)に向けた練習をスタート。(サンスポ)

東芝のFL徳永祥尭(23)が成田で行われているセブンズ男子の合宿に招集された。徳永といえばトップリーグのパナソニック戦でFL劉永男の右腕にかみつき、6試合の出場停止を受け、今もなお出場停止は1試合残っている。

噛み付いてしまったのは良くないが、まだ23歳と若く、日本人にしては気が荒くて?楽しみな選手。身長185cm、体重100kgとFLにしては大きくはないが、まずはセブンズで汚名返上といきたいところ。

トップリーグの有望選手が次々にサンウルブズやセブンズに引き抜かれて、選手が活躍すれば上のレベルでプレーする機会が増えたのは望ましい限り。セブンズはワールドシリーズでは惨敗続きなだけに、しっかりメンバーを揃えて本気モードで結果を残してほしい。

男子セブンズ第4戦シドニー大会 日本は5連敗で最下位、優勝はNZ

2016.02.07