サンウルブズ初戦を白星で飾る!トップリーグ選抜に52-24で勝利

sunwolves

2月13日にサンウルブズの初試合であるトップリーグ選抜とのオールスターが豊田スタジアムで開催された。試合は個のレベルで上回ったサンウルブズが52-24で勝利、27日の開幕戦に向けて幸先のよいスタートを切った。

キックオフ直後はインターセプトからトップリーグ選抜WTB江見にトライを許すなど不安な立ち上がりとなったが、 すぐにWTB笹倉のトライで反撃、前半だけで4トライを奪うなどリードを広げて折り返した。後半も試合を終始優勢に進め、7人制でも活躍するWTB山田章仁のトライなどで勝負を決めた。

スタッツ

この日目立ったのはMVPにも選ばれたSOトゥシ・ピシ。ゴール前でボールを受けると相手ディフェンスをステップでかわしトライ、他にもトライに繋がるキックパスを決めるなど攻撃の核として存在感を見せつけた。PR稲垣も運動量が豊富でプレッシャーをかけるだけでなく、ビックタックルを決め会場を沸かせるシーンも。

一方、課題として上がったのがスクラム。特にメンバーが変わった後半にはトップリーグFWに押し込まれる場面が続くなど、スクラムで苦労した試合となった。ラインアウトはすべて確保し安定。

トップリーグ選抜ではLOの小瀧が再三相手ボールに絡むなどサンウルブズ入りをアピール。身長194cm、体重110kgの23歳でまだ伸び代もあるだけに、サンウルブズでの活躍も見てみたい選手だ。

初の試合ということもあって、サインプレーや組織的なプレーは見れなかったが、その辺はこれから練習して急ピッチで仕上げる必要がある。スーパーラグビーのチーム相手となると個人プレーや体格では劣るため、コミュニケーションをしっかりとり、組織的なプレーで戦えるチームを目指したい。

運営面で課題となったのが、観客動員。豊田スタジアムは収容人員が4万5,000人で2019年W杯会場となるスタジアム。天候もよくなかったが、観客は1万人ほどで席はガラガラだった。27日の開幕戦のチケットもだいぶ売れ残っており、サンウルブズのマーケティングについてもさらに力を入れる必要がある。

サンウルブズは今後、沖縄に移動して合宿を行い、2月27日(土)に秩父宮で南アフリカのライオンズを相手に開幕戦を迎える。

サンウルブズvsトップリーグ選抜ハイライト動画

スーパーラグビーとは?サンウルブズの試合日程、選手を確認しよう!

2016.01.29