五郎丸のライバルは元豪州代表で去年コカイン所持で逮捕されたカーマイケル・ハント

Karmichael Hunt

五郎丸、FBのポジション争いの相手は元豪州代表カーマイケル・ハント

FBのポジションを争うのは13人制の元豪州代表でコカインの所持で逮捕歴もあるカーマイケル・ハント(29)。まずは“レッズの番長”との定位置争いを勝ち抜く。(サンスポ)

オーストラリアのスーパーラグビー「レッズ」に新規加入した五郎丸。成田空港での出発記者会見では「ジャージーを着られずに帰ってくるシチュエーションもあろうかと思う。」と語ったが、五郎丸の本職であるFBには強力なライバルであるカーマイケル・ハント(Karmichael Hunt)が待ち構える。

カーマイケル・ハントは五郎丸と同じ29歳で、身長186cm、体重93kgと体格もそっくり。オーストラリアでは人気のある13人制ラグビーの元豪州代表のスター選手で、五郎丸同様キックを得意とし、足も速い攻撃的な選手でポジション争いは厳しい戦いになりそうだ。さらに昨年はコカインの所持で逮捕され出場停止処分となるなど素行にも問題があり、大人しい優等生タイプの多い日本のチームでプレーするのとは違う苦労に直面しそうだ。

ハントはCTBをこなすこともできるが、レッズのリチャード・グラハム監督はハントについて「FBが合っている」と話し、場合によっては五郎丸がFB以外のポジションに挑戦することも考えられる。スーパーラグビーでプレーすることは厳しいポジション争いを勝ち抜くだけでなく、個性の強いチームメイトといかに信頼関係を築くかも重要。さらに、言葉の問題や異なる環境で生活する難しさもあり、これらを乗り越えればラガーマンとしてだけなく、人としても成長できるだろう。

五郎丸は8日(月)にレッズのクラブハウスで入団会見に臨み、「キックが一番の長所」とアピール、「チームの役に立てるようにしたい」と抱負を語った。五郎丸は手の怪我の具合が懸念されるが、27日の開幕戦でレッズのFBを務めるのは誰か注目したい。

カーマイケル・ハント(Karmichael Hunt)

カーマイケル・ハント(Karmichael Hunt)13人制ラグビー時代のプレー