日本代表スコットランド戦は6月18日豊田スタジアム、25日味スタで開催

デイリーニュース

日本代表vsスコットランド代表の試合は6月18日(土)豊田スタジアム、6月25日(土)味の素スタジアムにて決定

日本ラグビー協会は5日、未決定だった日本代表-スコットランド戦2試合の試合会場を発表した。18日は豊田スタジアム、25日は味の素スタジアムに決定。(日刊スポーツ)

日本代表のスコットランド戦の日時と会場が決まり、1試合目の6月18日(土)は豊田スタジアムで、2試合目は1週間後の6月25日(土)は味の素スタジアムでの開催となった。両会場共、2019年W杯の会場となり、本番に向けての予行練習としての意味合いもあるようだ。

次期日本代表のHCに決まっているジェイミー・ジョセフはスーパーラグビーのシーズン中のため、指揮をとることができず、未だに誰がHCを務めるかは決まっていないが、サンウルブズのマーク・ハメットHCが有力とされている。リーチ、五郎丸をはじめとする海外のスーパーラグビーに所属する選手についても招集するのかは分からず、現時点では外堀が埋まっているが内堀が埋まっていない状況。

一方、対戦するスコットランド代表は2月、3月はヨーロッパの6カ国対抗戦「シックス・ネーションズ」で戦ったメンバーが来日すると思われ、チームの完成度は高そう。折角昨年代表チームがW杯で活躍し、さらに2019年W杯の開催国という理由で強豪国とのマッチゲームを組めたが、ボロ負けしてラグビー人気が下火にならなければいいと祈るばかり。まずは誰が指揮を執るのか早く決める必要がある。