ラグビーに奇跡ない!日本代表のW杯での大躍進は準備力がもたらした

ラグビー日本代表

日本代表のW杯での大躍進は準備力がもたらした

日本を感動の渦に巻き込んだ歴史的勝利は今も興奮をもって語り継がれるが、この裏には、実は念入りで、ち密で、長期的な戦略に基づく周到な「準備」があった。(Wedge)

日本代表が2015年W杯で南アフリカを破るなど、大躍進を遂げた理由として、W杯に臨むまでの「準備力」にフォーカスを当てた読み応えのある記事。五郎丸が南アフリカ戦後に「ラグビーに奇跡はない。」と語ったのが印象的だったが、「大番狂わせ」として世界に衝撃を与えた勝利は、選手達にとっては徹底的な準備とハードワークがもたらしたもので必然だったのかもしれない。

他の指導者から成功の極意を学ぶ

勝利に結びついた準備を指揮したのはエディー前HC。エディーは自ら日本人の特性と、日本人が世界で戦うための参考にと、他のスポーツで既に実績を上げた指導者を訪ねた。WBCで優勝した原辰徳監督、女子W杯で優勝した佐々木則夫監督、オリンピックで銅メダルを獲得した女子バレー眞鍋政義監督、競泳日本代表平井伯昌HCと訪ねた指導者は様々だ。

「平井さんは『(選手が伸びるには)小さな成功の積み重ねが大事だ』という。つまりコーチは選手に対して小さな成功を与え続けることである。私の練習も(猛練習ではあるが)必ず成功するメニューでトレーニングを終えることにした」。

このように、エディーは平井HCの「小さな成功を与え続ける。」ということ参考に、実際に練習メニューに取り入れた。まずは成功者の話を聞いて、ラグビーに取り入れられるかどうかを判断し、これはというものは積極的に採用したのである。

世界トップクラスのコーチを招聘し分業体制に

エディーはカリスマ的な存在だったこともあり、各コーチはあまり知られていないが、日本代表のコーチはそれぞれの分野におけるスペシャリストから成り立っており、各人が選手の適正を見極め能力を引き出すことができたらこそ、W杯での成果につながった。

安定したスクラム&ラインアウト

スクラムコーチには元フランス代表のマルク・ダルマゾ氏を招聘、低く、早く押すことを徹底しW杯では体の大きい南アフリカ相手でも押されることなくマイボールを確保し、最後もペナルティ時にスクラムを選択し逆転劇につながった。FWコーチは元イングランド代表主将ボーズウィックが担当、特にラインアウトでは背の高い選手がいないものの、正確なスローインとサインプレーでボールをキャッチ、トライの起点となった。

世界一のフィットネス

JP(ジョン・プライヤー)ストレングス&コンディショニングコーチの元では、当たり負けない強い体と80分間走りきるフィットネスを身につけるための練習を行った。レスリングやボクシング、綱のぼりなどその種類は様々で、南ア戦後に日和佐が語ったように「酸素ボンベ積んだよう」な運動量で走り続けた。

メンタルも重視、分析で相手を丸裸に

兵庫県立大准教授の荒木香織氏はメンタルコーチとして五郎丸とキック前の五郎丸ポーズを作る助けとなり、緊張とプレッシャーに押される選手達をメンタル的にサポートした。データ分析を担当した中島正太氏は相手チームの強みと弱点を数値化、相手を丸裸にして対策を練った。

試合会場を事前に視察、本番レフリーも招聘

南ア戦本番会場となる英国のブライトンにはHCと選手が4月に足を運んで芝生の状態、グランドの雰囲気を確認、さらに南ア戦の担当レフリーをW杯直前に日本に招聘、練習試合で笛を吹いてもらいそのレフリングの特徴をつかんだ。

徹底した準備とハードワークが成果に

このように日本代表は世界で最も準備を行い、ハードワークしたチームだった。ここまでの徹底した準備を行ったことにより、選手も自信がついて強敵南ア戦といえども臆することなく試合に臨むことができたのである。逆に2戦目のスコットランド戦では疲労が回復しないだけでなく、準備不足のために負けてしまったとも言える。

2019年W杯では予選で当たる4チーム全てに対して徹底的な準備をすることで、目標のベスト8を達成できるはずだ。2015年W杯で選手が成功体験をしていることがなによりの財産で、W杯前の準備がエディーからの最大の贈り物といえるのかもしれない。