【観戦記】トップリーグ2015NTTコム対サントリー

小野晃征

12月12日(土)トップリーグ第5節NTTコム対サントリーは快晴の中、秩父宮ラグビー場で開催された。

試合開始1時間前に秩父宮に到着したにもかかわらず、マフィ、畠山、真壁、松島など多くの日本代表の選手が所属するチームの対戦とあって、自由席は既にかなり埋まっており東スタンド後方からの観戦となった。

トップリーグNTTコム対サントリー

サントリーはここまで既に2敗、この試合に敗れるとグループAで4位以内に入って、1〜8位を決める順位決定トーナメント「LIXIL CUP2016」への進出すら危うくなる状況で絶対に負けられない試合。

一方のNTTコムは東芝を破るなど3勝1敗と健闘、この試合に勝利して4位以内を決めたいところ。

ウルトラマンとのタイアップの選手紹介

ウルトラマン

この日はウルトラマンとのタイアップ企画が催され、選手紹介はこのようにウルトラマン?風の写真が電光掲示板に表示された。

観客は1万6,000人、大歓声の中試合開始

試合開始

第1試合目の観客はトップリーグの開幕戦を大幅に上回る1万6,000人。選手入場は大歓声にて迎えられた。

NTTコムのラインアウト

ラインアウト

ラインアウトは両チーム共にマイボールを確保。

チームを適切にマネジメントするフーリー・デュプレア

デュプレア

さすが南アフリカ代表のキャプテン。動きがきびきびしていて、常に適切な判断を下す。この人がいるだけでチームに安定をもたらす。

前半6分、サントリーがCTB村田のトライで先制

村田のトライ

試合開始から主導権を握ってプレーしていたサントリーが先制。

サントリーWTB江見の突進

江見

身長180cm、体重95kgと体格にも恵まれている江見翔太。ラグビーは決して強くない学習院大学から自らPRしてサントリーへ。まだ24歳、今後代表入りにも期待。

日本代表真壁の突進

真壁

サントリーでは主将を務める真壁。日本人離れした素晴らしい体格で、どこにいるかすぐにわかる選手。

NTTコムマフィがシンビンで退場。さらに苦しくなる

マフィ

危険なプレーで一時退場(シンビン)になったマフィ。このように本人は納得していない様子。マフィが抜けるとさらにチームは苦しい状況に。この日はボールを持ってゲインするシーンも少なかった。

前半31分サントリーが有賀のトライで追加点

有賀のトライ

チーム力が拮抗すると思われたものの、この日はサントリーが優勢。FB有賀がトライ、小野もPGを決めて17-0とリード。

サントリー小野晃征のゴールキック

小野

南アフリカ代表スカルク・バーガーのトライの後に小野がゴールを決める。西スタンドの自由席はこのようにほぼ満席。

ツイ・ヘンドリックの突進

ツイヘンドリック

チームの方針なのか、サントリーの攻撃時はFWではバーガーがボールを持って突進をすることが多く、ツイの突進はあまり見られず。

スカルク・バーガーの突進

スカルク・バーガー

スカルク・バーガーはこの迫力。ボールを持ったらほとんどゲインラインを突破。

サントリーが前半41分にWTB江見のトライでリードを広げる

江見トライ

前半終了間際にサントリーが追加点をとって折り返し。サントリーのワンサイドゲームとなった。

前半は31-0でサントリーリードで折り返し

サントリー

チーム力が拮抗しているので、接戦になるかと思ったものの、前半終了時点でサントリーが大量リード。NTTコムはスクラムで反則が多く、ペナルティを多く取られたのが痛かった。

後半開始、NTTコムはヴィリー・ブリッツが気を吐く

ヴィリー・ブリッツ

ライオンのような髪の毛をなびかせて疾走するヴィリー・ブリッツ。後半から途中出場し目立った活躍ぶりだった。

後半13分、NTTコムはヴィリー・ブリッツのトライで初得点

ヴィリー・ブリッツ

後半13分にようやくヴィリー・ブリッツのトライで得点。NTTコムはハーフタイムで修正できたようで、後半になると見違える戦いぶり。

後半39分、トゥシ・ピシがトライで突き放す

トゥシピシ

試合終了間際の後半39分、サントリーはサモア代表のトゥシ・ピシのトライで試合を決める。

38-5でサントリーがNTTコムを破る

試合終了

後半のみであれば接戦となったものの、NTTコムにとっては前半の31点差は重かった。

大満足のサントリーファン

サントリー

ファンに挨拶するサントリーの選手。今期は期待を裏切ってきただけに、ようやく胸を張って試合後に挨拶できた。

マン・オブ・ザ・マッチは小野晃征

小野晃征

この日6本のゴールキック全てを決めた小野晃征がマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。デュプレアとの息もピッタリでチームを勝利に導いた。

勢いのあるNTTコムとチーム力が向上してきたサントリーの注目の戦い。スクラムに苦戦したNTTコムが劣勢で、前半で勝負ありの展開となってしまったのが残念。

サントリーは松島のステップやバーガーの突進でグラウンドが歓声で沸いたシーンも。試合の決め手はサントリーの固い守備と、デュプレアやバーガー、小野など去年も活躍した主力が本来の力を発揮しチームにフットしたことにあるようだ。チーム力が向上したサントリーの今後に注目したい。