全国高校ラグビー「花園」東福岡が優勝、高校三冠達成!

高校ラグビー

第96回全国高校ラグビー決勝は東福岡が東海大仰星に勝利!

1月7日に全国高校ラグビー決勝戦が行われ、東福岡が28-21で東海大仰星に勝利し優勝を遂げた。

東福岡は高校日本代表候補を11人擁し、春の全国選抜大会と夏の7人制大会で優勝、今大会も優勝候補筆頭で頭一つ抜けているとの前評判だった。

しかし、打倒東福岡を掲げてきた強豪校も果敢に王者に挑み、東福岡は準々決勝の京都成章戦、準決勝の御所実業戦と2試合連続で後半までリードを許しながらの逆転勝利と苦しんで決勝戦に進出。

決勝の東海大仰星との試合も後半に同点に追かれながらの逆転勝利と厳しい試合だったが、地力に勝る東福岡が花園を制覇し「高校三冠」を達成した。

決勝で惜しくも敗れた東海大仰星は2連覇達成はできなかったものの、FL山田主将を中心に激しいディフェンスで奮闘、BKには俊足で強い選手が揃い、東福岡相手にも勝負所でトライを取って見事準優勝を果たした。

東福岡は決勝戦で先発した15人のうち、7人が2年生。2年生が花園が多くの経験をしたことで来年度も強い東福岡を見ることができそうだ。

高校ラグビー花園決勝戦東福岡vs東海大仰星

前半19分、東福岡CTB森選手が60m近く走り切って先制トライ!ステップも見事!

後半3分、東福岡2年生WTB焼山選手が密集を抜け出しトライ!

後半7分、仰星2年生WTB宮崎選手がトライ!難しい位置からのキックも決まり、仰星7-14と迫る。

後半13分、東福岡WTB焼山選手ライン際のパスからCTB堀川選手へのパスが通り、そのままトライ!東福岡21-14と逆転。

後半17分、東福岡CTB堀川選手が右手を伸ばして2本連続のトライ!

後半25分、仰星はFWでトライ!仰星21-28と迫る!

試合終了、東福岡が28-21で東海大仰星に勝利し優勝!東福岡が春の選抜大会、夏の7人制に続いて花園を制覇し、「高校三冠」達成!

第96回高校ラグビー「花園」試合日程と結果速報

2016.12.27