ラグビーセブンズ2016-17第2戦南ア大会、日本は5連敗、イングランドが優勝!

日本代表

HSBCワールドラグビーセブンズ2016南ア大会結果

7人制ラグビーのセブンズシリーズ男子は南アフリカのケープタウンで第2戦が開催され、日本代表は5連敗の最下位で終えた。日本は第1戦のドバイ大会に続いて10連敗、厳しいシリーズが続いている。

トップリーグが後半戦真っ只中ということもあり、日本は地域リーグや大学生も含めた若手中心のメンバーで挑んだものの、世界の壁は厚く、招待チームのウガンダにも勝つことができなかった。次の第3戦は来年の1月28日にNZで開催。NZ大会ではトップリーグ組を追加招集し勝利をもぎ取りたい。

優勝カップを手にしたのは決勝戦でホームの南アフリカを19-17で下したイングランド。南アフリカは地元の大声援を受けながらも、2大会連続優勝とはならなかった。

ワールドラグビーセブンズ第2戦南ア大会日本代表結果

<プールB>
日本代表 7-33 フィジー代表
日本代表 7-50  フランス代表
日本代表 5-24  ケニア代表

各プールの上位2チームは「カップ」トーナメントに進出、下位のチームは「チャレンジトロフィー」トーナメントへ。日本はプールBで最下位となったので、9位以下を決めるチャレンジトロフィーへ。

<チャレンジトロフィー(9~15位)>
日本代表 12-33 アルゼンチン代表
日本代表 17-21 ウガンダ代表

南アフリカ大会日本代表メンバー

名前 所属チーム 身長 体重 生年月日
レオン・エリソン ヤクルト 181cm 95kg 1989/6/6
小澤大 トヨタ 183cm 89kg 1989/5/8
パトリック・ステイリン 日本IBM 178cm 95kg 1992/12/15
ダラス・タタナ 釜石 186cm 106kg 1991/8/27
鶴ヶ﨑好昭 パナソニック 185cm 93kg 1990/1/9
鶴田桂樹 同志社大学(3年) 172cm 78kg 1996/2/28
中孝祐 関西学院大(1年) 177cm 81kg 1997/5/6
中尾隼太 鹿児島大(4年) 175cm 82kg 1995/1/20
中野将宏 九州共立大学 (3年) 168cm 75kg 1996/1/25
韓尊文 流通経済大学(2年) 183cm 90kg 1996/7/7
ジェイミー・ヘンリー PSIスーパーソニックス 184cm 84kg 1990/3/11
ハミッシュ・パターソン ヤクルト 190cm 105kg 1987/4/24

ワールドラグビーセブンズ第2戦南ア大会男子ハイライト

セブンズワールドシリーズランキング(男子)

順位 ドバイ 南ア 合計ポイント
1位  南ア  22 19  41 
2位  イングランド  17  22  39 
3位  フィジー  19  13  32 
4位  スコットランド  12  15  27 
5位  NZ  10  17  27 
6位  ウェールズ  15  10  25 
7位  オーストラリア  13  18 
8位  アメリカ  10  18 
9位  フランス  10  18 
10位  ケニア  12  17 
11位  アルゼンチン  12 
12位  サモア 
13位  カナダ 
14位  ロシア 
15位  ウガンダ 
16位  日本 

HSBCワールドラグビー(男子)セブンズシリーズ2016-2017試合日程

第1戦 2016年12月2日、3日 ドバイ大会
第2戦 12月10日、11日 南アフリカ大会(ケープタウン)
第3戦 2017年1月28日、29日 ニュージーランド大会(ウェリントン)
第4戦 2月4日、5日 オーストラリア大会(シドニー)
第5戦 3月3日~5日 アメリカ大会(ラスベガス)
第6戦 3月11日、12日 カナダ大会(バンクーバー)
第7戦 4月7日~9日 香港大会
第8戦 4月15日、16日 シンガポール大会
第9戦 5月13日、14日 フランス大会(パリ)
第10戦 5月20日、21日 イングランド大会(ロンドン)

HSBCワールドラグビー(女子)セブンズシリーズ2016-2017試合日程

第1戦 2016年12月1日、2日 ドバイ大会
第2戦 2017年2月3日、4日 オーストラリア大会(シドニー) ※初開催
第3戦 4月22日、23日 日本大会(北九州) ※初開催
第4戦 5月27日、28日 カナダ大会(ラングフォード)
第5戦 6月24日、25日 フランス大会(クレルモン・フェラン)