Planet Rugbyが選ぶ2016年11月テストマッチ第4週のベストフィフティーン

プラネットラグビー

Planet Rugbyが選ぶ第4週のベストフィフティーン

Planet Rugbyが11月ウインドウマンス最終週である第4週目のベストフィフティーンを発表した。

フランスを24-19で破ったNZから最多となる6名が選出。ブロディー・レタリックとサム・ホワイトロックのLOの2人はともに受賞、南アフリカ勢のパフォーマンスが上がらない中、オールブラックスの身長2mを超えるコンビの存在感は抜群だ。

シカゴで敗れたアイルランド戦ではレタリックとホワイトロックが怪我で欠場したことが響き後手に回った。もし、この2人がいれば試合展開も異なったものになったかもしれない。

トンガは敵地でイタリアに19-17で勝利。SHのソナタネ・タクルアはコンバージョンで14得点、14回のボールキャリーで、ディフェンス突破が5回、60mのゲインと大活躍だった。

ジョージアを43-16と一蹴したスコットランドからはFBのスチュアート・ホッグが選出された。2016年シックス・ネーションズのMVPに輝き、6月の日本戦でも速くて強いランが印象的だったが、今やNZのベン・スミスやオーストラリアのイズラエル・フォラウとともに世界的なFBに。観ていてワクワクする選手だ。

11月第4週テストマッチ「ベストフィフティーン」

ポジション  選手 
PR1  グザヴィエ・ショッチ フランス
HO  デイン・コールズ NZ
PR3  ティーグ・ファーロング アイルランド
LO4  ブロディー・レタリック NZ
LO5  サム・ホワイトロック NZ
FL6  CJ・スタンダー アイルランド
FL7  トム・ウッド イングランド
No.8  キアラン・リード NZ
SH  ソナタネ・タクルア トンガ 
SO ボーデン・バリット NZ
WTB11 ジュリアン・サヴェア NZ
CTB12 ギャリー・リングローズ アイルランド
CTB13  ジョナサン・ジョゼフ イングランド
WTB14  デイン・ハイレット・ペティー  オーストラリア
FB  スチュアート・ホッグ スコットランド

Rugby365が選ぶ2016年11月テストマッチ第4週のベストフィフティーン

2016.11.30