【観戦記】関東大学対抗戦2016 早稲田大学vs慶応大学

早慶戦

関東大学対抗戦2016 早稲田大学vs慶応大学

11月23日(水)秩父宮で93回目となる伝統の定期戦、早稲田大学vs慶応大学の試合が行われた。

早稲田は帝京に大敗し優勝への望みが薄いとはいえ、12/4の早明戦に向けて弾みをつけたい大事な試合。一方の慶応は帝京、明治戦で奮闘したものの黒星となり、この試合で早稲田に勝って全国大学ラグビー選手権への切符を確実にしたいところ。

試合は両チーム実力が拮抗していることもあり、最後まで勝敗の行方が分からないシーソーゲームとなった。

試合開始直後に攻め入る早稲田

早稲田ラグビー

試合開始直後にペースをつかんだのは早稲田。スクラムで反則を得て慶応陣内に攻め入るとボールをキープしてアタックした。

前半4分、早稲田WTB本田宗詩が先制トライ

早稲田のトライ

前半4分に1年生SO岸岡智樹のキックパスをWTB本田宗詩がキャッチしてそのままトライ、早稲田が5-0と先制した。

ラインアウトの攻防

ラインアウトの攻防

慶応ボールのラインアウトを早稲田がスティール。この日、慶応はラインアウトでのボール確保に苦しんだ。

試合は徐々に慶応ペースに

慶応ラグビー部

先制された後に反撃に転じる慶応。FB丹治辰碩がインゴールへ向けてグラバーキック

慶応WTB金沢徹がキャッチしてトライ、同点に

金沢徹

転がったボールを走り込んできた慶応WTB金沢徹が押さえ込んでトライ、5-5の同点とした。

さらに攻める慶応、FL松村凛太郎がタッチライン際を走る

松村凛太郎

慶応の松村凛太郎、ラックから出たボールを受けると、タッチライン際で相手をハンドオフで2人かわして・・

トライ

右隅にトライ。慶応が10-5と逆転に成功。

前半27分早稲田HO貝塚隼一郎がトライ

早稲田FW

早稲田はラックからラインに展開、一番外で待っていたHOの貝塚隼一郎がボールを受けてインゴールへ。10-10の同点に。

スクラムは安定せず

スクラム

スクラムはホイールしたりどちらかが反則したりと終始安定しなかった。

前半37分、早稲田がトライを決めリード

梅津友喜

早稲田はラックから素速く展開するとSO岸岡智樹がグラバーキックを転がし、WTB梅津友喜がトライ。1年生コンビによるトライで早稲田が15-10とリードした。

前半は早稲田が15-13とリードし折り返し

前半終了

慶応は前半終了間際にSO古田京がPGを決め3点を追加したものの、15-13と早稲田が2点リードし折り返した。

後半スタート!慶応がPGで逆転

後半スタート

後半6分に慶応がPGを決め16-15と逆転。

早稲田の1年生CTB中野将伍

オフロード

高校日本代表、身長186cm、体重100kgと大柄で期待の中野がオフロードパスでボールをつなぐ。早稲田は先発15人中4人が1年生、一方の慶応は1年生は0。

後半22分、早稲田WTB本田宗詩がトライ、早稲田が再逆転

本田宗詩

ゴール前で中野からのオフロードパスを受けると

トライ

そのままトライ!早稲田が20-16と逆転。

負けじと慶応が再々逆転のトライ!

慶応ラグビー

後半27分に慶応はラックサイドを次々に突いて、最後はFL松村凛太郎がトライ、23-20と三度逆転した。

残り10分で早稲田が逆転!

加藤広人

後半70分、早稲田はタッチライン際でパスを受けたFL加藤広人がハンドオフで2人を吹っ飛ばしてトライ、25-23とした。

早稲田SO岸岡智樹のコンバージョンは決まらず

岸岡智樹

1年生SO岸岡智樹、早慶戦のプレッシャーのためか、この日はコンバージョンを5本蹴ったが1本も成功させることはできなかった。

慶応、ペナルティのチャンスを活かせずノーサイド

早稲田の勝利

慶応は77分にPGを決めることができず、さらに82分にペナルティでタッチに出す際にも痛恨のミスで万事休す。早稲田がボールを蹴り出して25-23で勝利した。

2016早慶戦は25-23で早稲田の勝利

ノーサイド

早稲田が5トライ、慶応が3トライ1ゴール2PGで早稲田が25-23で勝利し、通算で66勝7分け20敗とした。

逆転に次ぐ逆転で最後まで勝負の行方が分からない非常に見応えのある試合だった。両チームミスが多かったとはいえ、伝統の一戦らしく勝ちへの執念、気持ちが籠っていた。

早稲田は5勝1敗の3位となり12月4日の早明戦に勝利し、可能性は少なそうだが帝京が筑波に敗れた場合は帝京との同時優勝となる。

一方の慶応は3勝3敗の4位に。しかし、大学選手権までは対抗戦で4位のチームまで出場できることから、次の青学戦に勝利して大学選手権でリベンジを果たしたい。

2016年大学ラグビー(関東対抗戦、リーグ戦、関西リーグ戦)日程・結果・順位

2016.09.12