トップリーグ2016第9節終了時の順位とトライ、得点ランキング等まとめ

小野晃征

トップリーグ2016第9節終了時のまとめ

トップリーグは全15節中9節を終え、11月は休みとなり12月3日から後半戦がスタートする。各チーム残りは6試合、優勝争いは全勝のヤマハとサントリーが頭一歩リードし、7勝2敗で続くパナソニックと神戸製鋼も含めた4チームに絞られた。

低迷しているチームも後半戦で巻き返しを図りたい。最下位となったチームはトップリーグから傘下のリーグに自動降格となり、13位から15位までの3チームは入替戦に回る。下位のチームもなんとか12位を目指したいところ。

トライ数ではサントリーの中靏隆彰が12トライで1位、神戸製鋼の山下楽平が10トライで続いている。3位の松橋周平(リコー)、4位の日野剛志(ヤマハ)、ツイヘンドリック(サントリー)等FWの選手もランクイン、活躍が目立っている。

観客動員は昨シーズンの1試合あたりの平均6,470人→4,598人と大きく減少、苦戦が続いている。W杯での日本代表の活躍、サンウルブズのスーパーラグビーを追い風にすることはできなかった。

トップリーグチーム順位

順位  チーム名  試合数  勝  分  負  得失点  勝点 
ヤマハ 9 9   +240 43
2 サントリー  9 +229 42 
3 パナ 9 +155 34
神戸製鋼  9 0 2 +107 33
5 トヨタ 9 +73 29
6 NTTコム 9 6 3 +20 26
7 サニックス 9 5 -65 21 
東芝 9 4 -18 21
9 リコー  9 -44 19
10  キヤノン 9 3 -9 15
11  NEC 9 -47 15
12  クボタ 9 -114 15
13 近鉄 9 -46 12
14  コーラ 9 8 -167 8
15  ホンダ 9 -134
16 豊田織機 9 -180

※勝点は勝ち4点、引分け2点、負け0点、3トライ差以上の勝ちで+1点、負けても7点差以内で+1点。

トライランキング

順位 名前 チーム トライ数
1位  中靏隆彰  サントリー  12 
2位  山下楽平  神戸製鋼  10 
3位  松橋周平  リコー 
4位  イェーツスティーブン トヨタ 
4位  日野剛志  ヤマハ 
4位  アンダーソンフレイザー  神戸製鋼
4位  ツイヘンドリック  サントリー 
8位  アンドリュー・エブリンハム  サニックス
8位  マレ・サウ ヤマハ 

得点ランキング

順位 名前 チーム 得点数
1位  コディ・レイ  神戸製鋼  109 
2位  小野晃征  サントリー 104 
3位  Gファンデンヒーファー  ヤマハ  100 
4位  小倉順平  NTTコム 97 
5位  田村優  NEC  84 
6位  小川高廣  東芝 81 
7位  ジャン・クロード・ルース  キヤノン  71 
8位  重光泰昌  近鉄  68 
9位  中靏隆彰  サントリー 60 
10位  ベリック・バーンズ  パナソニック 58 

反則ポイント

順位 チーム 反則ポイント
1位  東芝  67 
2位  ヤマハ 74 
3位  パナソニック  76 
4位  神戸製鋼 80 
5位  サントリー 81 

反則1回で1pt、イエローカード3pt、レッドカード10pt。

観客数(TOP5)

順位 日にち 場所 対戦 観客数
1位  9月17日(土)  秩父宮  パナソニック 15-45 ◯サントリー   11,318 
2位  9月10日(土)  日産  ◯東芝 21-19 キヤノン  11,223
3位  10月16日(日) 大分  キヤノン 25-44 ◯神戸製鋼  10,514
4位  10月29日(土)  秩父宮  ◯NEC 38-24 神戸製鋼 9,949
5位  8月26日(金) 秩父宮  パナソニック 21-24 ◯ヤマハ 9,243 

観客数(ワースト5)

順位 日にち 場所 対戦 観客数
1位  9月2日(金) 町田 キヤノン 16-35 ◯ヤマハ 1,159
2位  10月9日(日) 鳥取 ◯NTTコム 17-14 コーラ 1,308
3位  10月8日(土) 熊谷 ◯キヤノン 31-14 豊田織機 1,500
4位  10月23日(日) 福井 ◯トヨタ 57-3 コーラ 1,626
5位  9月3日(土) 山口 ◯サニックス 41-38 豊田織機 1,695

平均観客数は4,598人。

トップリーグ2016-2017試合日程と結果、順位速報

2016.08.29