ニッパツ三ツ沢球技場へのアクセスと周辺情報

ニッパツ三ツ沢球技場

ニッパツ三ツ沢球技場への行き方とスタジアムについて

三ツ沢公園球技場は1955年に開場、2008年に横浜に本社がある部品メーカーの日本発条がネーミングライツを取得し「ニッパツ三ツ沢球技場」と呼ばれている。

場所は横浜市神奈川区の丘陵地にあり、地下鉄三ツ沢上町駅から徒歩15分、横浜駅からも歩いていくことが可能でその場合30分ほどかかる。

ただ行きは登りが多くなるので三ツ沢上町駅から歩くか横浜駅からバスで「三ツ沢総合グランド入口」下車で球技場に向かい、試合観戦後の帰りに市内を眼下に眺めながら横浜駅まで歩くのがおすすめ。

スタジアムは球技専用スタジアムだけあって、ピッチまでの距離が近くラグビーを観戦するには最適な環境。秩父宮ラグビー場と比較しても、インゴールのスペースが狭くて観客席に傾斜があることから観やすい上に、選手を近くに感じることができる。

収容人数も1.5万人とトップリーグを開催するには申し分なく、もっと開催試合を増やしてもいいのではと思うほど。ぜひ、ニッパツ三ツ沢球技場に行ったことがないかたは観戦に訪れて欲しい。

ニッパツ三沢球技場へのアクセス

三ツ沢上町駅

最寄駅は横浜市営地下鉄「三ツ沢上町駅」。東京、品川方面からだと東海道線、渋谷方面からは東急東横線で横浜駅で市営地下鉄に乗り換え、あざみ野方面の電車に乗って2つ目。

最寄駅「三ツ沢上町」から徒歩15分ほど

三ツ沢上町駅

三ツ沢上町駅1番出口を出て左に進み、せせらぎ緑道を通り13号線を真っ直ぐ。

コンビニは三ツ沢上町駅を出た隣に

セブンイレブン

ニッパツ三ツ沢球技場はお店が少ないので、コンビニで飲食品等を予め購入するのがオススメ(飲食品持ち込み可)。三ツ沢上町駅1番出口を出たらすぐ左にセブンイレブン、その向かいにファミリーマートがある。

途中で案内板も

ニッパツ三ツ沢球技場

このようにニッパツ三ツ沢球技場への案内板を途中で見かけることも。分かりやすい。

試合開始前は観戦客が多い

三ツ沢上町駅

試合開始前に行くと、試合の観戦者が同じようにニッパツ三ツ沢球技場へ向かって歩いているので、付いていけばまず問題なし。

三ツ沢公園

三ツ沢公園

三ツ沢公園はこんな感じで、球技場の他に陸上競技場、テニスコート、野球場、体育館などスポーツ施設が点在している。ジョギングをしている人も多かった。

駐車場は有料のものが公園内、近隣に点在しているものの、土日はテニスや陸上競技場の利用者が多く、満車となることが多いので、極力車の利用は控えたい。駐輪場もある。

ニッパツ三ツ沢球技場東口

ニッパツ三ツ沢球技場

競技場の東入場口。メインスタンド側にも入場口があるが、東口の方にチームのブースが設営されており、賑わっていた。

南アフリカ代表、NTTコムのエルトン・ヤンチース!

エルトン・ヤンチース

NTTコムのブースの近くになんとエルトン・ヤンチース!写真をお願いすると快くOKしてくれたナイスガイ。他にも選手が多くいたので、選手のサインや写真を撮りたい方は早めに行くのがオススメ。

東入場口内のお店

NTTコム

荷物のチェックなしで入場すると、NTTコムと東芝のブース、グッズショップの他、カンタベリーのお店が並んでいた。

東サイドスタンドからの景観

ニッパツ三ツ沢球技場

スタジアムがコンパクトで、座席は傾斜があり秩父宮と比較しても非常に観やすい球技場。観客収容人数は最大で15,000人。屋根はないので、予め天気を確認し必要があれば雨具の準備が必須。

メインスタンド下のお店

メインスタンド

スタジアム内に出店している店は少なく、この2店舗のみ。しかしビールの売り子(一番搾り、550円)を2回ほど目にした。スタジアムの規模に対して、トイレの数が少なく、女性トイレの前には長蛇の列ができていた。

選手が間近に!迫力のあるプレーを楽しめる

選手

カメラをちょっとズームにするとこの通り選手がドアップに。声まではっきりと聞こえるほど、ピッチまでの距離が近い。

メインスタンド東側からの眺め

カメラ望遠なし

メインスタンド東側からの眺め。裸眼だとこんな感じに。

西サイドスタンドからの眺め

西サイドスタンド 西サイドスタンド

バックスタンド側は6,7割の観客で埋まり熱心なファンの応援が球技場内に響いた。

ニッパツ三ツ沢公園球技場自体は古く、設備が十分とはいえないが、選手のプレーの迫力、臨場感を味わうにはこの上ないスタジアムだった。そのためか、昔からのラグビーファンであろう50代、60代の男性が多い印象。

2016年シーズンのトップリーグの開催は今回のみで、他に大学の試合が開催される。首都圏に住んでいる方は秩父宮で観戦することが多いと思うが、ぜひニッパツ三ツ沢公園球技にも足を運んで欲しい。

【観戦記】トップリーグ2016第9節 NTTコミュニケーションズvs東芝

2016.10.29