平尾誠二元ラグビー日本代表監督が死去。53歳、同志社大学、神戸製鋼、日本代表で活躍

デイリーニュース

平尾誠二元ラグビー日本代表監督が死去

平尾誠二元ラグビー日本代表監督が10月20日死去した。53歳という若さだった。死因は胆管細胞がんで、昨年秋から体調を崩していた。

以下、ご親族からの「平尾誠二を応援してくださった皆さまへ」という題のコメントが発表されている。

平尾誠二は10月20日午前7時16分に天国というフィールドに旅立ちました。

昨年の秋から胆管細胞がんを患い、闘ってまいりましたが、残念ながら回復することは叶わず、最期は家族に見守られて、静かに息を引き取りました。10月23日に、私たち家族による密葬を済ませました。平尾の死を惜しむ皆さまの声は本人に届いていたものと思います。この場を借りて御礼申し上げます。

平尾は体調を崩してからもずっと、GMを務めていた神戸製鋼ラグビー部の成長と、日本ラグビー界の発展を気にかけており、時には現役時代同様の鋭い眼差しで、熱くラグビーを語ることもありました。ラグビーワールドカップ2019日本大会の成功と日本代表の勝利は平尾の夢でした。見届けることができず、本人はさぞや無念であったことと存じます。

平尾誠二は皆さまに支えられて、最期まで幸せな人生を送ることができました。長きにわたり、平尾誠二を応援していただいたことに改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。残された私どもも深い悲しみの中におります。静かに見守って頂ける様お願い申し上げます。

ラグビーといえば「平尾」を思い出す人も多いだろう。伏見工業高校時代には花園優勝、同志社大学では大学選手権3連覇、さらに在学中に当時の史上最年少となる19歳で日本代表デビューを果たした。

1984年に放送され大ヒットしたドラマ「スクールウォーズ」は平尾らを擁した伏見工業高校ラグビー部がモデルとなった。

神戸製鋼では社会人7連覇を達成、W杯には第1回〜3回大会まで出場し代表キャップは35、さらに指導者として34歳で日本代表の監督に就任、W杯第4回大会では監督として指揮を執った。

まさに「ミスター・ラグビー」と呼ばれるにふさわしい方で、常にラグビーの第一線で活躍。選手としては頭脳的なプレーと華麗なステップで主に司令塔SOでプレー、口ひげが特徴で、甘いマスクから女性からの人気も絶大だった。

2019年のW杯に向けて日本ラグビーのために頑張って欲しかったところだが、W杯を前にして日本ラグビー界は大きな財産を失うことに。直近ではラグビーW杯2019組織委員会事務総長特別補佐や神戸製鋼GMなどの要職を務めていた。

五郎丸はフランスから「こんな朝はつらい。」とツイート、畠山も「もっと長く元気に日本ラグビーを支えてほしかったです。」と大先輩の早すぎる死を嘆いた。

心からのご冥福をお祈りいたします。

平尾誠二氏へ各界著名人から哀悼のコメントが相次ぐ。五郎丸「こんな朝は辛い・・。」

2016.10.21