Rugby365が選ぶラグビーチャンピオンシップRound4のベストフィフティーン

ラグビーhack

Rugby365が選ぶラグビーチャンピオンシップRd4のベストフィフティーン

Rugby365がラグビーチャンピオンシップ4試合目のベストフィフティーンを発表した。

NZのアーディー・サヴェアとジュリアン・サヴェアは兄弟で受賞。これまではジョナ・ロムーを彷彿とさせる兄のジュリアンが注目されることが多かったが、今年は弟もオールブラックスデビューを果たし、今やサム・ケインからレギュラーの座を奪うほど勢いがある。

Planet Rugbyと両方で選出されたのは、PR1 ジョー・ムーディー、HOデイン・コールズ、No.8ファクンド・イサ、SHウィル・ゲニア、WTB11ジュリアン・サヴェア、CTB13サム・ケレヴィ、WTB14イズラエル・ダグ、FBベン・スミスの8人。

11月5日(土)に日本代表とのテストマッチでアルゼンチン代表として来日するであろうNo.8のファクンド・イサは身長188cm、体重103kgとNo.8にしては大きくないが、運動量が豊富で、タックルも激しく、アタックも積極的で本当にいい選手。まだ23歳と若く、アグスティン・クレービー主将の後継者になりうる選手で今後も期待大だ。

また圧倒的な強さを見せつけているNZは今大会、WTBとFBの後ろ3人が絶好調でトライを量産、相手チームがキックを蹴っても彼らの誰かがキャッチしカウンターからアタックされ、ラインに回しても出足の速いディフェンスで止められるので、相手からすると穴がなく攻め手に迷うシーンが多く見受けられる。

アルゼンチンは10月2日に地元ブエノスアイレスにNZを迎えて対戦する。王者にどのような戦術で挑むか注目したい。

Rugby365が選ぶラグビーチャンピオンシップRd4ベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  ジョー・ムーディー NZ
HO  デイン・コールズ NZ
PR3  セコペ・ケプ オーストラリア
LO4  ロブ・シモンズ オーストラリア 
LO5  アダム・コールマン オーストラリア
FL6  パブロ・マテーラ アルゼンチン
FL7  アーディー・サヴェア NZ
No.8  ファクンド・イサ アルゼンチン
SH  ウィル・ゲニア オーストラリア
SO ボーデン・バリット  NZ 
WTB11 ジュリアン・サヴェア NZ 
CTB12 バーナード・フォーリー  オーストラリア
CTB13  サム・ケレヴィ オーストラリア 
WTB14  イズラエル・ダグ NZ
FB  ベン・スミス NZ 

ラグビーチャンピオンシップ2016(南半球4カ国対抗戦)の試合日程と速報結果

2016.08.22