ラグビーチャンピオンシップ第2節、アルゼンチンが南アに逆転勝利!

アルゼンチン代表

The Rugby Championship2016第2節、アルゼンチンが南アに雪辱!

ザ・ラグビーチャンピオンシップ2016第2節の2試合目はアルゼンチンのサルタで行われたアルゼンチンvs南アフリカ戦。

第1節では試合終了間際に南アフリカに逆転トライを許して悔しい負けとなったアルゼンチン。この試合も気合十分のタックルで南アフリカの強力なアタックを防いだ。

前半はアルゼンチンが優勢に試合を進める

アルゼンチン代表

試合は両チーム共にミスが多く、落ち着きのないスタートとなった。

前半16分、アルゼンチンは相手陣内に攻め入ってスクラムからBKに展開、WTB11マニュエル・モンテーノがインゴールでボールを押さえたかに見えたものの、グラウンディングの際にノックオンでトライならず。

さらに19分、PR3ラミロ・エレーラが南アフリカFL6フランソワ・ローに対してレイトチャージでシンビンに。そして南アフリカがPGを決めて0-3と先制した。その後、アルゼンチンがPGを連続で決めて6 -3と逆転。

前半30分、アルゼンチンは自陣からのキックパスをキャッチするとBKが次々にボールを繋ぎ、最後はFBホワキン・トゥクレットがトライ、13-3とリードを広げ前半を折り返した。

南アフリカは時折「個」の強さを見せるものの、アルゼンチンの低くて速いDFになかなかゲインできず思う通りにアタックできなかった。

後半に息を吹き返した南アフリカ、アルゼンチンを逆転し競った展開に

南アフリカ代表

後半開始と共に、ボールを動かしアタックにテンポが出てきた南アフリカ。後半42分にPGを決めて13-6と迫ると、さらにその直後にFW、BK一体となった攻撃で次々にゲイン、最後はWTB11ブライアン・ハバナがトライを決めて13-13の同点とした。

後半48分にアルゼンチンは敵陣22mライン付近から、ニコラス・サンチェスが右にキックパスを上げると、FL7ファン=マヌエル・レギサモンがキャッチしトライ、20-13と逆転に成功した。

その後も地元の大声援を受けて攻めるアルゼンチン、53分にPGを決めて23-13と10点差にリードを広げたが、63分に南アもPGで23-16と再び7点差とした。

後半69分、南アフリカはFWがラックサイドを突いてゲイン、最後はLO5ピーター・ステフ・デュトイがトライを挙げて23-21と2点差に迫った。

後半途中から流れは完全に南アフリカに。アルゼンチンは足が止まりサポートも遅く、アタックしても孤立する場面も。そして、73分に南アフリカはPGを決めて23-24と逆転した。試合終了目前での逆転で、第1節と同じような展開に。

しかし、77分にアルゼンチンは自陣からボールを回してアタックし大きくゲイン、南アフリカ陣内に攻め入ると南アフリカはたまらず反則を犯し、アルゼンチンが逆転のPGを決めて26-24とし、その後もなんとか守りきり勝利した。

これで南アフリカとアルゼンチンは1勝1敗に。アルゼンチンは南アフリカに対して地元で初の勝利を挙げた。

ラグビーチャンピオンシップ2016 アルゼンチンvs南アフリカ8/27動画

ラグビーチャンピオンシップ2016(南半球4カ国対抗戦)の試合日程と速報結果

2016.08.22