大野均がブランビーズ戦の危険なプレーで1週間出場停止に。カナダ戦は出場できず

大野均

大野均に出場停止1週間の処分、6月11日のカナダ戦には出場できず

サンウルブズのLO大野均は5月28日に行われたブランビーズ戦で、モールの核として味方をゴールに引き入れる際に、頭を振りかざしたのが頭突きとみなされ、シンビン(一時退場)のペナルティーを受けていたが、そのプレーに対して一週間の出場停止が科されることになった。

これにより6月11日に開催される日本代表とカナダ代表の試合には出場できなくなった。出場できるのは6月19日に豊田スタジアムで行われるスコットランド戦からとなる。

先日発表されたカナダ戦とスコットランド戦の日本代表メンバー33名で主としてLOでプレーするのが大野の他、宇佐美、小瀧、谷田部の3人でカナダ戦にはこの3人が(交代で)出場することになる。

再度この問題のシーンを確認したところ、大野はモールを勢いづけるために頭をガンガン振っており、意図的ではなかったとはいえ危険なプレーであることは明らか。仮に後頭部が相手選手の顔に当たった場合、大怪我に繋がったことも考えられる。

ここのところ危険なプレーには厳しい処罰が下される傾向があり、不要なラフプレーには気をつけたいところだ。