ラグビーワールドカップ2019日本大会の経済効果は2,300億円

デイリーニュース

W杯の経済効果は2,300億円、熊本だけで100億円、海外から41万人が来日

日本政策投資銀行は2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップに伴い経済効果は2,300億円、海外からは欧米からの富裕層を中心に41万人が来日、観客動員数は200万人になるとの試算をまとめた。

試合は国内12都市で開催され、岩手の釜石や熊本、大分などでも試合が開催されることから、震災で落ち込んだ訪日旅行者が回復するきっかけともなりそうだ。

開催地を訪れる観客が宿泊や飲食に使う直接的な効果の他、会場の整備など新たな雇用も増え、消費活動が活発になる効果も期待できる。

2020年に開催される東京オリンピックと比較すると、開催期間がオリンピックの17日に対し、ワールドカプは44日間と約2.5倍、オリンピックは東京近郊のみでの開催となるのに対し、ワールドカップは全国12ヶ所、さらに各チームは大会前に日本で事前キャンプを行う。

また、ワールドカップの観光客はヨーロッパ、オセアニアからの比較的裕福な層が多く、長期滞在と高消費単価という傾向があるとのこと。

日本代表が予選を勝ち抜いて、決勝トーナメント進出となれば、さらに日本国内での盛り上がりも増して、経済効果も期待できるだろう。

ホスト国としては、海外から観戦に訪れた観光客を温かく迎えるとともに、日本チームの活躍にも期待し大会を盛り上げ楽しみたい。(データの詳細は日本政策銀行のHPにて)