五郎丸の怪我は要手術で12週間離脱へ。日本代表と残りのレッズの試合に出れず

五郎丸

五郎丸、怪我で12週間離脱へ。日本代表とレッズの残り3試合不出場へ

ショッキングなニュースが舞い込んできた。五郎丸は昨日のサンウルブズ戦でリアキ・モリにタックルした際に肩を痛め負傷交代していたが、この怪我は手術を要するほど深刻で、今後12週間は試合に出場することができないことがレッズの公式HPにて発表された。

五郎丸は右肩の鎖骨を脱臼し、今週には手術が行われるという。これにより、6月の日本代表対カナダ、スコットランド戦の他、レッズの残り3試合にも出場することができず、五郎丸のシーズンは怪我で終了となってしまった。

五郎丸は「残りの試合をレッズのチームメイトと共にプレーすることができず、さらに日本代表のテストマッチにも出場できなくなり失望しています。オーストラリアでは充実した日を過ごしており、今後は怪我の回復に努めたいと思います。私はこれからも前を向いてチャレンジしていきます。」とコメントした。

さらに、現在フランスのプロリーグ「トップ14」の強豪「トゥーロン」との間で来シーズンの契約が最終局面にあると報道さているが、この契約に関しても影響が出る恐れがある。

日本のファンのみならず、オーストラリアでも注目された五郎丸レッズvsサンウルブズの試合だが、五郎丸にとっては怪我で戦線離脱するきっかけになるという非常に残念な試合になってしまった。

リーチマイケル(チーフス)も怪我で2ヶ月離脱へ。日本代表の試合には出場できず

2016.05.23