ラグビーワールドカップ2019日本大会のマークが決定!記念ナンバープレートも発行

ワールドカップ2019

ラグビーワールドカップ2019日本大会のマークが決定!

2019年のラグビーワールドカップ日本大会に向け準備が進んでいる。ラグビー協会やキャンプ地、試合開催都市でマーケティングやPRで使用されるための関連マークが三種類発表された。

ピンク色のマークは「プラウドホストマーク」として、ラグビー協会や国の省庁で使用される。桜色を基調にラグビー日本代表チームの桜の花びらをイメージさせるデザインとなっている。

緑色のマークは「開催都市マーク」として、ラグビーワールドカップ2019開催都市の自治体で使用される。デザインはピッチの芝生をイメージしたとのこと。2019年のワールドカップは札幌市、釜石市、熊谷市、東京都、横浜市、静岡県、豊田市、東大阪市、神戸市、福岡市、熊本市、大分県の12会場で開催され、自治体ごとにマークが作られている。

青色のマークは「チームキャンプ地マーク」として、チームキャンプ地として選定された自治体で使用される予定。青空をイメージしたデザインとなっている。なお各チームのキャンプ地は2017年の12月頃に決まる予定だ。

ラグビーW杯記念のナンバープレートも発行

ラグビーワールドカップ

ラグビーワールドカップと東京オリンピックを盛り上げるとともに寄付を募るため、ラグビーワールドカップと東京オリンンピックのエンブレムのマークにちなんだ図柄入りの自動車のナンバープレートも、来年度から希望者に交付されることになった。

いずれも事業用の軽を除く自動車が対象で、寄付金付きと寄付金なしの2種類を作成し、交付手数料は、番号を選択する希望ナンバーの4,000円を基本に、エンブレムや図柄のプリント代を上乗せした料金を検討中だ。