堀江翔太がRugby365のスーパーラグビー第9節ベストフィフティーンに選出!

堀江翔太

サンウルブズ堀江主将がRugby365のベストメンバーに選ばれる

サンウルブズのHOで主将としてチームをまとめる堀江翔太がラグビーの世界的なメディアRugby365が選ぶ9節のベストフィフティーンに選出された。

第9節のジャガーズ戦では、サンウルブズが初勝利を挙げたこともあって、Planet Rugbyでは立川とピシ、Super Rugbyでは立川が選出されている。

堀江の選考理由として、タックルではミスがあったが、ボールを持ってのランが素晴らしくサンウルブズの初勝利に貢献したとのこと。実際は主将としてチームを引っ張ってきたリーダーシップが評価されたのではないだろうか。

試合後に涙を拭ってから、ジャガーズの選手と握手をしていた姿が印象的だった。スーパーラグビーが開幕してから2ヶ月の間、7連敗している時もメディアに対して常に前向きな発言をしていたが、主将としてプレッシャーを感じ、非常に苦しかったのだろう。ジャガーズ戦のノーサイドの笛はその苦労が報われ、プレッシャーから解放された瞬間だった。

なお、LO4にはルーク・ロマノ(クルセイダーズ)が選出されているが、次点に間もなく38歳になる大野均が選ばれている。Rugby365はスタッツだけを見るのではなく、選手の背景やチームで果たしてきた役割なども考慮しているのかもしれない。

なお、Planet Rugby、SuperRugby、Rugby365の3つ全てでベストフィフティーンに選ばれたのは、PR3ヴィンセント・コッホ(ストーマーズ)、WTB11ネマニ・ナドロ(クルセイダーズ)、WTB14ルアン・コンブリンク(ライオンズ)の3人。

スーパーラグビー第9節Rugby365が選ぶベストフィフティーン

ポジション  選手  チーム 
PR1  トビー・スミス レベルズ
HO  堀江翔太 サンウルブズ
PR3  ヴィンセント・コッホ ストーマーズ
LO4  ルーク・ロマノ クルセイダーズ 
LO5  フランコ・モスタート ライオンズ
FL6  クリス・クルータ キングズ
FL7  サム・ケイン チーフス
No.8  キアラン・リード クルセイダーズ 
SH   TJ・ペレナラ ハリケーンズ 
SO ボーデン・バリット ハリケーンズ
WTB11  ネマニ・ナドロ  クルセイダーズ
CTB12 デイヴィッド・ハヴィリ クルセイダーズ
CTB13  リース・ホッジ レベルズ 
WTB14  ルアン・コンブリンク  ライオンズ
FB  デミアン・マッケンジー  チーフス 

試合後髭を剃った堀江

Super Rugby第9節のベスト・フィフティーンに立川理道が選出!

2016.04.28

Planet Rugbyが選ぶSR第9節のベストフィフィーンに立川とトゥシ・ピシが選出!

2016.04.26