廣瀬俊朗前キャプテンが語る組織を一つにするためのリーダー論

廣瀬俊朗

高校、大学、社会人、日本代表全てのカテゴリーでキャプテンを務め、エディー前HCには「自分がラグビー界で経験した中で、ナンバーワンのキャプテン。」と高評価。

学生時代には現楽天イーグルス社長の立花陽三氏から「飲み込みが早く頭がいいうえ、練習への真摯な態度が素晴らしい」と惚れ込まれ、ゴールドマン・サックスへの就職を誘われたこともあるほど。

そんな廣瀬前キャプテンが東芝スポーツのHPにて語る「組織を一つにするためのリーダー論」を紹介したい。

勝つチームにはが大義あってチーム全員で共有する

勝つチームには大義があります。これはラグビーに限らず、すべての組織に共通していることだと思います。そのチームがなぜ存在するか、という意義を皆で考え、共有できるチームは強い。

日本代表は2015年W杯で「日本ラグビーの歴史を変える」という大きな大義を掲げ、ハードワークに耐え、南アフリカを破るなど3勝を挙げて勝つチームへと変貌した。

時には理不尽なことや逃げ出したくなったこともあったはずだが、全員がこの想いを心の奥底に強く秘めていたからこそ強く纏まった組織となり、W杯での結果は必然だった。

さらにリーダーはこの大義を自らの言葉で語ることが必要不可欠だと言う。

今を頑張る、一生懸命生きる

私はいつも今を頑張ることが大事だと思っています。先を見るのではなく、今を一生懸命生きることで可能性を拡げていく。

リーダーとしてチームを引っ張っていくためには、自分自身も成長していかなければならず、そのためには「今、この一瞬」を頑張らなければならない。

普段から多くの本を読み、物事を深く考える習慣ができているのだろう。人が生きる上で参考となること、成長するための言葉がスラスラと廣瀬の口から発せられる。多くのことをリーダーとして経験している廣瀬だからこそ説得力がある。

シーズンを終えて今はオフ中、引退報道もあり今後が注目されるが、いずれにしろラグビー界の発展には必要な人物。とはいえラグビーの枠にとらわれず、より広い世界で活躍する姿も見てみたい。