【観戦記】トップリーグ2015NTTコミニュケーションズ対Honda

Honda heat

NEC対コカ・コーラに続き、秩父宮での2試合目はNTTコミニュケーションズ対Honda。W杯で大活躍し一躍有名となったマフィがNTTコムに所属するとあってか、1試合目よりもだいぶ観客が増えた秩父宮。

午後になると東スタンドには太陽の光が当たり眩しいほどで、時に左手で日差しを遮りながらの観戦となった。

トップリーグNTTコミニュケーションズ対Honda

NTTコムはここまで3勝1敗、各グループの4位以内のチームが参加できるLIXIL CUPのトーナメント出場を賭けてサントリーと争っており、この試合は絶対に落とすことができない試合。

一方のHondaは今年トップリーグに昇格、2勝目をあげて最下位争いから一歩抜け出したいところ。

マフィはベンチスタートで試合開始

NTTコムvsホンダ

注目のマフィは体調が万全ではないのか、ベンチスタートとなった。写真は攻めるHondaのマルセル・クッツェー、南アフリカ代表としてのキャップは27。

ラインアウトの獲得に苦労するHonda

ラインアウト

この日はNTTコムに何度かマイボールを獲られるなど、Hondaはマイボールの確保に一苦労。

前半13分NTTコムCTB諸葛彬のトライ

NTTコムのトライ

NTTコムは前半2分にPGで先制すると13分にはCTB諸葛彬(JeGal Bin)がインターセプトからの独走でトライ。

スクラムは互角

スクラム

スクラムはコラプシングの反則が何回かあったものの、どちらかが一方的に押す場面は見られずほぼ互角。

身長201cm、元オールブラックスのアイザック・ロス

アイザック・ロス

一人際立って大きいNTTコムLOのアイザック・ロス。ボールを持って突進してゲインするシーンが多く見られた。

スーパーラグビーでトライ王になったビヨーン・バッソン

ビヨーン・バッソン

今期からHondaに加入したビヨーン・バッソン。南アフリカ代表キャップは11。フル出場で攻守に渡り存在感を見せた。

前半は10対10の同点で終了

前半終了

前半終了間際にHondaのクッツェーがパナルティからの速攻で相手を引きずりながらトライ。ゴールも決まり10対10で同点で前半を終えた。

Hondaの応援団長

Hondaの応援団長

ファンの人数ではNTTコムが圧勝するものの、負けじと声をあげるHondaの応援団長。

後半スタート

NTTコムのラインアウト

1試合目に続き、2試合目も接戦で見応えのある試合に。写真はラインアウトで相手ボールを獲得するNTTコム。

後半10分にマフィが出場

マフィ

皆さんお待ちかねと言わんばかりにマフィの登場。スターの登場に秩父宮が大歓声で迎える。

マフィのトライでNTTコムリード

マフィのトライ

登場から6分後にNTTコムはモールで押し込み、マフィのトライでリード。

NTTコムのルーキー小倉順平のゴールキック

小倉

ルーキーながら司令塔でのレギュラーをつかんだ小倉がゴールキックも担当。この日は3本全てのゴールキックを成功させた。

チームの流れを変えるマフィ

マフィ

リードされた局面で登場するとすぐにトライをとって逆転、その後も積極的にボールを持って突進、ゲインするなどチームに勢いをもたらすマフィ。

試合終了間際に攻めるHonda

Honda heat

後半中盤からNTTコムに押されてリードを許すものの、最後に相手ゴールに迫るHonda。しかし、ゴールラインを超えることはできなかった。

29-15でNTTコムの勝利

試合終了

試合は後半に突き放したNTTコムの勝利。Hondaはデフェンスでは光ったものの、決定力に欠きトライは2本に終わった。

歓声に応えるマフィ

マフィ

途中出場してから期待通りの活躍を見せたマフィ。試合終了後、足を引きずるシーンがあり怪我が心配。

NTTコムがだいぶ有利かと予想していたものの、後半に一時リードするなどHondaの健闘が光った試合だった。そのHondaの勢いを止めたのは日本代表のマフィ。さすがの活躍ぶりで見ていてホントに楽しく、期待させる選手だ。

NTTコムは来週は近鉄、Hondaはパナソニックと共に上位チームとの試合。特にNTTコムは近鉄戦でグループA上位4位以内に入れるかどうかの重要な試合となる試合で、熱戦を期待したい。

外苑前並木通りにオープンしたShake Shack(シェイクシャック)

シェイクシャック

秩父宮ラグビー場の東入場口からすぐの場所にできたNY発の人気ハンバーガーショップのシェイクシャック。30人ほどが列をなしていた。

いちょうが美しい並木通り

並木通り

紅葉で黄金ロードと化した外苑並木通り。

秩父宮は東京のど真ん中、表参道、原宿、青山も徒歩圏内と抜群の立地で試合終了後も楽しめる場所がたくさん。ラグビー観戦ついでに食事や買い物も楽しみたい。