トップリーグ2016チーム紹介「パナソニック ワイルドナイツ」

パナソニック ワイルドナイツ

パナソニッ ワイルドナイツ

チーム名 パナソニック ワイルドナイツ(Panasonic Wild Knights)
所在地 群馬県太田市
監督 ロビー・ディーンズ 
キャプテン 堀江翔太 
日本代表選手 堀江翔太、稲垣啓太、ホラニ龍コリニアシ、田中史朗、山田章仁、谷田部洸太郎、内田啓介、福岡堅樹、藤田慶和、笹倉康誉
過去5年間の成績 15年優勝、14年優勝、13年優勝、12年3位、11年準優勝
HP、SNS等 パナソニック ワイルドナイツHP

トップリーグ4連覇を目指す常勝軍団で優勝候補NO.1。日本代表の選手が多く所属しているだけでなく、デービッド・ポーコック、タンゲレ・ナイヤラボロら現役のオーストラリア代表選手を新たに獲得、チーム力は昨年よりアップした。

スーパーラグビーの名門クルセイダーズやオーストラリア代表のHCも務めた世界的な名将ロビー・ディーンズ がチームを指揮して、今季も優勝&4連覇を狙う。

パナソニックワイルドナイツ注目選手

HO堀江翔太

身長180cm、体重105kg、パナソニックだけでなく日本代表でもリーダーとしてチームを引っ張る存在。HOの選手ながら、巧みなパスとランにも秀でていて、スーパーラグビーのレベルズでも活躍した。スクラムの核として、ラインアウトのスローワーとしてセットプレーでもチームに安定をもたらす。

PR稲垣啓太

身長186cm、体重116kg、日本代表でもPRのレギュラーとして定着。コーチ曰く「ボールのあるところ稲垣あり」という通り、PRながら豊富な運動量でタックルしてはすぐ立ち上がってまたタックルへを繰り返す。まだ若くこれからの日本ラグビーを背負っていく存在だ。

No.8ホラニ龍コリニアシ

身長188cm、体重111kg、FLもこなす。トンガ出身でトンガではラグビーをやったことはなく、埼玉工大深谷高校に留学してからラグビーを始めた。日本国籍も取得。外国出身の選手の中でも最も日本語が流暢で、腕に入れている「大和魂」というタトゥーの通り、日本人のマインドを持った選手。

SH田中史朗

身長166cm、体重72kgと2015年W杯出場選手の中で最も背の低い選手。スーパーラグビーのハイランダーズではオールブラックスSHアーロン・スミスに次ぐ2番手のSHとして2014年シーズンで優勝を経験。W杯後のテレビ出演も多く多くの人に知られる存在となった。

WTB山田章仁

身長180cm、体重88kg。快速&キレキレなステップでトライをとるフィニッシャー。奥さんのローラさんも美人嫁として有名に。ブログtwitterでも積極的に情報発信。

FLデービッド・ポーコック

身長187cm、体重115kg。世界最高レベルのFLであり、相手ボールをブレイクダウンで奪う「ジャッカル」を得意とする。

パナソニックワイルドナイツチーム紹介動画